orange blog

好きな漫画やアニメ、ゲームのことをゆるゆるつづるところ。

メイドインアビス

メイドインアビスを見ました。

ここ最近みたアニメでは一番かも。

描写がきつい部分もあるのですが、それでも見たいと思いました。

*ネタバレしてます。

ずっと撮りためていたのですが、偶然12話をリアルタイムで見てしまいました。

描写がキツイという前情報はあったのでびくびくしながら様子見だけしてみよう、くらいで。

でもどの程度なのか、どんな物語でどんなキャラクターが出てくるのかそういった情報は全くない状態でした。

初見は、けっこう厳しかった。

ミーティの姿と眼だけの描写が怖くて怖くて。

もうこれは見れないと思いました。撮りためていたものも消そう!と思ってたのですが。

ただオープニングを含めた世界観や美術、何より音楽がすごく良かった。

キャラクターもめっちゃかわいかった。

キャラクターは可愛らしいのに、背景の美術はすごい迫力だし音楽も映画音楽かっていうくらい素晴らしいと思いました。

結局最後まで見て、ナナチの「ミーティを殺してくれ」で続きが気になって仕方なくなってました。

でもそこで1話から見返す勇気はなくてとりあえずネットで色々検索。

原作はそこからけっこう進んでいてかなりしんどい展開。

でもアニメの評判はすごく良かったです。ナナチとミーティの過去を知ったら彼女があんまり怖くなくなったのでアニメは消さずに最初から見てみることに。

とりあえず10話には気をつけて。

1話は全然怖くなかったです。むしろわくわくする冒険の始まりって感じ。

結局バタバタしていて最終回放映前にみることができたのは1話だけ。

最終回はすっごい気になっていたけど同時に怖くもあったので見る前にやはりリサーチ。最終回の評判もすごく良かった。でもやっぱり描写がキツイシーンもあるようなのでそこは覚悟して明るいうちに見ることにしました。

 

本当にバスタオル必要でした。

前半のナナチの過去はしばらく見られないと思いました。

キツイ描写もあるのだけど、絶望に向かっていく二人を見るのは精神的に辛い。

現在に戻って来てほっとしました。

魚釣りのシーンからミーティを送るシーンはぼたぼた泣きました。

お花とぬいぐるみで囲んで、ああ、本当に大切にしていたんだなあと。

キレイな音楽がその悲しさをさらに倍増させてました。

ナナチの、ミーティを「おいらのたからもの」と言って泣くシーンと、レグの「たからもの」とリコを形容するシーンがとても好きです。

 

最終回を見た後、一気に2話から見ました。

9話まではわりと安心して見られました。恐ろしくて美しい世界を堪能できました。オーゼンさんが怖かったくらい。

ただ、この物語内での別れが、ほとんど今生の別れを意味しているようでそれがとても悲しかったです。

見れば見るほど謎が謎を呼んでぐいぐい引きこまれました。

うわさの10話は気をつけながら見て、ちょっとだけ早送り。

リコを呼ぶレグの絶叫に感動。声優さんてすごい。

最後にもう一回最終回を見てやっぱりぼろぼろ泣きました。

 

真綾さんの声もたくさん聞けて嬉しかったです。

メインの3人はみんな可愛くて好きです。

リコは迷わずに自分の好奇心にまっすぐなところが好きです。

レグはどんな時でもリコを身体をはって守ろうとする王子様みたいでした。半裸だけど。

ナナチは飄々としているところや照れ屋なところが可愛い。

みんなわりとこの年齢にしては重いものを背負っているのだけど、普段はそんなことをあまり感じさせずに冒険にきらきらしてるところが良かったな。

ご飯食べてる時とか、普通の何気ない会話とか、そういったシーンが好きでした。

最終回のエンディングも良かった。私たちはこれからも元気に冒険を続けます、といったように見えました。音楽も映像も素晴らしかった。シギーとナットがリコ達からの荷物を受け取った後の花びらが飛んでいくシーンがすごくキレイでした。

ラストが意味深でしたが。

 

2期あったら見たいんだけど、この先はさらに辛い話のようなので悩ましいところです。原作もすごい気になるんだけど怖くて読めない。

だけど久しぶりにすごく残るアニメでした。

最近見た(映画だけど)ベイビードライバーとスターシップ9も残ったけどそれ以上でした。

 

サントラ欲しいな。